GAEを使いたいがためにpython学習中です。
公式ドキュメントが充実していていい感じですね。


そんなドキュメントをぱらぱら見ていると、
keyword.kwlist()
という関数でpythonのキーワード一覧を取得できるということが書かれていました。
そんなもんまで。さすが「バッテリーインサイド」が哲学の言語ですね。

どんな場面で使うかなー、と考えてて一個ひらめきました。
これらキーワードの中で一番人気のあるのはどれでしょう?これってトリビアに(ry


「一番人気のある=一番使われている」キーワードと定義します。
どこで使われているかもポイントですが、Djangoでってことにします。
 
次の3つができればプログラムできそう考え、調べつつやってみました。
 

1.pythonのキーワードを取得したい。

keyword.kwlistで一覧を取得することができます。

2.文字列を単語に分けたい。


たぶんちゃんとやるならtokenizeモジュールを使うのだろうけど、今回はちょっと遊ぶだけなので使い方が簡単そうなshlexを用います。

3.指定ディレクトリ以下の.pyファイルのパスを取得したい。


os.walkを用います。再帰的にディレクトリを探索したりしなくても、
この関数一発ですごく便利だと感じました。pyファイルかどうかの判定は
fnmatch.fnmatch('test.py', '*.py')
で行いました。


それでは結果発表言ってみましょう。

6位 in 5535
5位 from 5899
4位 import 6454
3位 return 7260
2位 if 7979

 

そしてダントツの得票数で、見事センターポジションをゲットしたのは...
  def 12506 


でした。納得ですね。全体の20%で80%をカバーしているのでは、 

との予想はハズレ、全体的にバラけて使われているという結果になりました。
 

以下が全結果

def 12506

if 7979

return 7260

import 6454

from 5899

in 5535

class 5062

for 4681

is 3541

not 2861

and 2709

else 2021

raise 1733

or 1438

try 1412

except 1382

with 1299

as 991

pass 663

elif 643

lambda 447

yield 223

del 201

continue 193

print 187

while 138

assert 118

finally 117

break 113

global 48

exec 1


キーワード31個、全て一度は使われていたのでした。
へー。


本日のINPUT/OUTPUT
IN:
 pythonドキュメントのkeywordの項
 某総選挙のテレビCM
OUT:
 pythonのkeyword総選挙