dojoするなら!:あえてDojo Toolkit 使う理由をいくつか

今の時代、人気・実績ともにjavascriptのライブラリ=jQueryという事で間違いはないでしょう。でもね、dojoも良いもんですよ。

dojoのどの辺が良いのか?これまでも優れていた点、最近のリリースで改善された点などいくつかポイントにまとめました。※個人の感想です。

理由1:見た目の良いWidgetsを標準で使うことができる。 


上記リンクを見てもらえば一目瞭然ですね。ブラウザで、デスクトップアプリのような雰囲気(見た目)のアプリを作りたいのであれば、お薦めできます。
 
豊富なWidgetsが標準であり、それぞれ見た目が良いのです。ツリーも、グリッドも、タブも、ダイアログも…。おそらく、他のjavascriptライブラリでもプラグインを使えばいろいろ出来るのでしょうが、それぞれのバージョンのアップデート・互換性懸賞の手間や、全体的な統一感を考えた時、標準で色々なWidgetsを使えるdojoは魅力的です。

 

理由2:実は(今のバージョンは)そんなに重くない

「dojoはリッチなUIだけど重くてロードに時間がかかる」って思ってる人は多いと思います。私が業務でdojoをぱりぱり使ってたのは、まだdojoが1.4.xの時代ですが、確かにそんな感じでした。(それでも必要なモジュールだけカスタムでビルドすれば、だいぶましになるんですけどね)

今のdojoは軽さをアッピールできる程(featuresのまっさきに"Extremely Small and Fast"って文言がきてる)になってます。速く・軽くと作りが変わってきてるので、書き方も変わってきています。次に続く。


理由3:モダンな書き方ができるようになった

こちらの記事ではこれまでの書き方をlegacyと一蹴して、いかにmodernな書き方になったかが書かれていますが、確かにこれまでに比べてわかりやすく書けそうです。過去にdojoちらっとやったけど、という人はlegacyな書き方しか知らないはずなので、ぜひ見てmodernを感じてください。


理由4:ドキュメントが充実している

※ただし英語ですけど。。
チュートリアル大好きなんで、公式ドキュメント(http://dojotoolkit.org/documentation/
でそれが充実してるのはうれしいですね。英語ですが、それほど難しくもないので、つらつら読むと雰囲気わかります。APIリファレンスも使用例付きのちゃんとしたのがあるので、勉強に向いてるんじゃないでしょうか。
 

理由5:javascriptのライブラリとして、基本機能は抑えてる

まぁいわずもがな、ですが。Ajax処理,dom処理,css処理,json処理,イベント処理,便利な配列処理といった必要な機能はそろっています。もちろん、必要あるものがなければ自分で作ればOKですしね。

・・・
jQueryを極めるのもいいけど、視野を広げるという意味でたまにはdojoもウォッチしてみてはどうでしょうという提案でした。やると面白いと思うよ。

私もアプリを作った経験としてはlegacyなdojoで止まっているので、modernなdojoをちゃんと勉強します。そして、特に最近のdojoについては日本語の記事が少ないので、勉強しつつアウトプットしていきたいなと。

スタバのwifi=札幌苗穂のイオン店でもいつのまにか対応してたよ

簡単な登録だけでwifiが使えるようになる、
スタバのFree Wi-Fiサービス「at_STARBUCKS _Wi2」
http://starbucks.wi2.co.jp/pc/index_jp.html

ここのサイトのエリア情報だと、
北海道はまだ対応してないってことだったけど、
週末に行った札幌苗穂のイオン店は対応してましたよ。

29


あと、今日会社帰りに寄った札幌グランドホテル店の方も対応してたので、
札幌でもぼちぼちひろがりつつあるんでしょうかね。

毎回ログインするのはめんどーだけど、ネットのスピード十分でした。
私のように wifiルーターもってないけど、
街なかでもちょっとネットに繋ぎたいなって人は重宝しそうです。

まぁ、 私にはスタバでドヤ顔でMacBookを開く勇気はないですけども^^;

pythonキーワード総選挙

GAEを使いたいがためにpython学習中です。
公式ドキュメントが充実していていい感じですね。


そんなドキュメントをぱらぱら見ていると、
keyword.kwlist()
という関数でpythonのキーワード一覧を取得できるということが書かれていました。
そんなもんまで。さすが「バッテリーインサイド」が哲学の言語ですね。

どんな場面で使うかなー、と考えてて一個ひらめきました。
これらキーワードの中で一番人気のあるのはどれでしょう?これってトリビアに(ry


「一番人気のある=一番使われている」キーワードと定義します。
どこで使われているかもポイントですが、Djangoでってことにします。
 
次の3つができればプログラムできそう考え、調べつつやってみました。
 

1.pythonのキーワードを取得したい。

keyword.kwlistで一覧を取得することができます。

2.文字列を単語に分けたい。


たぶんちゃんとやるならtokenizeモジュールを使うのだろうけど、今回はちょっと遊ぶだけなので使い方が簡単そうなshlexを用います。

3.指定ディレクトリ以下の.pyファイルのパスを取得したい。


os.walkを用います。再帰的にディレクトリを探索したりしなくても、
この関数一発ですごく便利だと感じました。pyファイルかどうかの判定は
fnmatch.fnmatch('test.py', '*.py')
で行いました。


それでは結果発表言ってみましょう。

6位 in 5535
5位 from 5899
4位 import 6454
3位 return 7260
2位 if 7979

 

そしてダントツの得票数で、見事センターポジションをゲットしたのは...
  def 12506 


でした。納得ですね。全体の20%で80%をカバーしているのでは、 

との予想はハズレ、全体的にバラけて使われているという結果になりました。
 

以下が全結果

def 12506

if 7979

return 7260

import 6454

from 5899

in 5535

class 5062

for 4681

is 3541

not 2861

and 2709

else 2021

raise 1733

or 1438

try 1412

except 1382

with 1299

as 991

pass 663

elif 643

lambda 447

yield 223

del 201

continue 193

print 187

while 138

assert 118

finally 117

break 113

global 48

exec 1


キーワード31個、全て一度は使われていたのでした。
へー。


本日のINPUT/OUTPUT
IN:
 pythonドキュメントのkeywordの項
 某総選挙のテレビCM
OUT:
 pythonのkeyword総選挙

 

Twitter プロフィール
コメントなどあったら、お気軽に♪
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード