Harpを使ってGitHub Pages作る

Harp

Harp <harpjs.com>です。なんて素敵な名前... 

Harp, the static web server with built-in preprocessing, makes Markdown, LESS, CoffeeScript, and more, as easy to use as HTML, CSS, and JavaScript.
Harp in 25 wordsHarp, the static web server with built-in preprocessing

てことで、名前から興味をもったのですがなかなか面白そうですよね。

簡単な使い方としては

$harp init _myproject

ってすると_myprojectというディレクトリ配下に

.
├── 404.jade
├── _layout.jade
├── index.jade
└── main.less

ってファイルができます。ここで

$harp server

ってすると、static web serverが起動します。これで後はブラウザからアクセスすると上記Harpの定義にある通り各種ファイルが適切に処理されていい感じでページが表示されます。

そんな感じでHarpをWebサーバーとして使ってもいいのですが、今回はコンパイルしてGitHub Pages用のstaticなwebページを作ってみたいと思います。やっぱ時代はstaticなwebページっす! やりかたは簡単で

$harp compile

ってすると、

.
├── 404.jade
├── _layout.jade
├── index.jade
├── main.less
└── www
    ├── 404.html
    ├── index.html
    └── main.css

wwwというディレクトリができて、その名の通りjadeとかlessとかがコンパイルされてstaticなwebページができているのがわかります。この出来上がったファイル群をGitHub Pagesにアップする方法も丁寧な解説があります。GitHub使ってるけどGitHub Pagesは作ってないよ、という人もこれなら簡単に設置できますよね。

とはいえ、内容をどうするかというのはありますよね。今回僕がやってみたかったネタはこちら。

自然石構築法

自然石構築法では、アイデアを「石」として使う。 おもしろいと思った文章、写真、図、引用、絵、参考書などの断片である。 これらの「自然石」を集めて、論文、レポート、本、台本といった「壁」を作る。
ワインバーグの文章読本

本読んだり、Webみたりして「これは!」って思ったのを自分のGitHub Pagesに記憶しておける(読む人を意識しない)、これって素敵じゃないですか。tumblrでいいじゃんって言いっこなしで!

で、そこのネタからブログの記事(読む人を意識する)を書くという流れにしていきたいんですよ。

こんな構成にしたい

さっきのデフォルトのプロジェクトホームに

fieldstones

ってディレクトリを作って、その中に「1石1ファイル」でアイデアの断片を記録していく。それをコンパイルするとバラバラだった「石」のファイルがstaticなページになって、 GitHub Pagesにアップできる→ひと目で自分の頭の中が見える!という感じにしたいです。

できなかった事

やりたいことが決まれば後は作るだけです。そのなかで、やりたいイメージはあるけど実装できなかった事もありまして。Harpどーこーじゃなくて、主にjade関連ですが。

指定ディレクトリ配下のファイル名を取得できない?

jadeには他のファイルをインポートする機能があるんで、index.jadeのなかで、ゴリゴリとfieldstones配下のファイルを読み込もうとおもいました。が、ディレクトリ指定のインポートは出来なくて、ファイルを一個ずつ指定しないといけないみたいです。

というか、そもそも変数にいれたファイル名をインポートできない?

できないのかも?

ってことで、スマートではないですがmdファイルを一旦スクリプトでHTMLに変換してやることにしました。…HARPを使う嬉しさが若干半減してる気もしますが、いいんです。

ってことで

できましたよ!

振り返りの振り返り

去年 @PUPRL さんとちょっとだけお仕事したことがありまして。

その時作ったシステムにこの度仕様変更が入るので、当時の資料を引っ張り出して見てたら、振り返りした時の資料が出てきました。

画像1


もちろん、ここででてきた一個一個全部は覚えて無かったけど、今やってる仕事でも実践してるのも沢山あって(朝会での曜日確認とか)、やっぱ振り返りはやるといいっすね。

あと、履歴書は手書きなんてナンセンスだと思ってるけど、こーゆーのは手書きだとなんかいいなと思っちゃっいました(ダブルスタンダードだー)

もういっぺんのリクエストに快く応える絵本たち

この記事は子育て 読み聞かせ Advent Calendar 2013の参加作品です。

はじめに

本は こどものたからもの
・・・
もういっぺん
もういっぺん
なんべん よんでも たいくつしない
ぐりとぐらの1ねんかん10月より

自分で絵本を読めるようになれば、なんべんでも読んでもらって構わないのですけどね。感情こめた熱演で絵本の読み聞かせを終えた後「もういっぺん」と子供にリクエストされたら(喜ばしい気持ちと同時に)やー、もういいべ、って思うことは無いですか?

うちの長男はこんとあきが大好きでよく読んであげましたが、終わった後「もういっぺん」と言われると「うんまた明日ね」と言いたくなったものです。

このエントリーでは、読むのが簡単(なんべんでも読んだる)で子供が喜ぶ絵本を3冊ご紹介したいと思います。といっても定番本ばかりですが。。対象は幼稚園入るぐらいまでかなあ。

がたん ごとん がたん ごとん

よみはほぼ「ガタンゴトン」だけなんでラクチン度はトップクラスです。ひざに子供をのせて「ガタンゴトン」に合わせて揺らしてあげると喜びます。

作者の安西 水丸さんは、村上朝日堂 (新潮文庫)の挿絵を描かれていて、同じ人だとわかった時は「おっ」ってなりました。てことでハルキニストにもおすすめ。

どんどこももんちゃん

よみは「ドンドコ」が多いんでラクチン度は高いです。ひざに子供をのせて「ドンドコドンドコ」に合わせて揺らしてあげると喜びます。

この本を薦めてくれたのは、長沼町周辺ドライブの際立ち寄った絵本屋ぽこぺんの店主さんでした。当時髪の毛がももんちゃんバリにちょびちょびだった長男を見て(?)「いい本よ」とセレクトしてくれた絵本です。シリーズで他のもたくさん買いましたが、一番親子共にハマったというとやはりこれでしょうか。

ピヨピヨスーパーマーケット

よみは上の2つに比べれば少しあります。ですがこの絵本の何がいいかというと、絵が細かいところまで描かれているんです。しかもテーマが子供にも馴染みのある(品物の値段設定が妙にリアルな)スーパーマーケット。

ストーリーを楽しむだけでなく、「人参どこだ?泣いてる子がいるね。アイスクリーム好き?」など絵を見ながら(ウォーリーを探せ的な)楽しみの出来る本です。ってことで、費用対効果(読み対子供満足度)が高い作品と言えましょう。

シリーズで他のも色々ありますが、どれも同じ様に楽しめますよ。

最後に

なんてテーマで書いておいてなんですが、長男も今年小学校に入学してもう読み聞かせをすることもとんとなくなりました。読み聞かせをする期間なんて短いですよね。

次男は来年幼稚園で、まだまだ「読んで読んで」のお年ごろ。面倒くさがらず色んな本をたくさん読んでやりたいですね。

Twitter プロフィール
コメントなどあったら、お気軽に♪
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード